食べても太れない超モヤシ系男子が、真面目に筋トレしたらどうなるのかプロジェクトPart1

みなさん明けましておめでとうございます。
2018年1発目の記事になります。

今回は、僕のコンプレックスのひとつでもある、完全にモヤシみたいな細い体格を筋トレして、モヤシでは無く、大根みたいに立派になろう!プロジェクトを始動させたいと思います。

これを【大根プロジェクト2018】と命名します!

スポンサーリンク

まずは2018/01/02 時点の僕のスペック

身長 165cm ・ 体重 約51kg …女の子かって!!(笑)
はい。完全なモヤシ君ですね。大根みたいになれるかな~、、。
体重 筋トレ前 トレーニング前 モヤシ 細マッチョ
ちなみに新陳代謝は良いほうで、動くとすぐに汗をかきます。
以前は週3くらいでサーフィンしてたんですが、現在はほとんど運動すらしていません。

各部位のサイズは以下の通りです。
首周り33cm、力こぶの部位(ひじ上)25cm、ひじ下(うで)23cm、胸回り88cm、腹回り71cm、太もも40cm、ふくらはぎ34cm です!

僕の体質

僕は食べても食べてもなかなか太らない体質なんです。。。
食べる量もそこまで少ないわけでも無いのになぜか太らないんですよね。なのに痩せるのはすごく早いんですよ!!
こういう悩みを持っている方は僕だけでは無いはず!

他の人によく言われることは、そんなに食べて太らないってうらやましいな~って言われるんですが、全然嬉しくありません!

こんなガリガリな体型、ただのコンプレックスです。
冬は厚着すればいいですが、夏なんてTシャツが似合わなすぎて悲しくなりますよ本当に。

過去の筋トレ歴

実は一時期このコンプレックスを克服しようと、筋トレした事があるんです。
その時は週に2回ほどジムへ行き、体重55kgまで上がったんです!もちろんコレが人生で一番体重が重かった時です(笑)
SAVAS(ザバス)というプロテインも摂取していました。

この時は、食べる量も意識して頑張ってたんですが、食べ過ぎておなかの調子を崩してしまい、筋トレ自体やめてしまうという苦い過去が。(笑)

しかーし!!もうすぐ僕も30歳!このままじゃいかん!(ブログも始めたことだし)
ということで、食べてもなかなか太れないモヤシ系男子のこの僕が、頑張って筋トレしたらどれだけ変わることができるのかをこの2018年を通して実践していきたいと思います!

スポンサーリンク

目標

モチベーションを保つ為にもまずは目標を決めたいと思います。
体重を51kgから、57kgまで増やす。えっそんなの余裕でしょ!って思いますよね?
太れない人は分かると思うんですが、本当に大変なんです!しかも57kgなんて未知の体重なんで、全く想像つきません。
あとはベンチプレス80kg!
これは頑張ればなんとかいけそうな気がします!

筋トレメニュー

まずは自宅にあるトレーニング器具を使用しつつ、ジムにも通ってみようと思います。
ちなみにこのダンベルは片側10kgあります。
トレーニング器具 ダンベル 筋トレ
もちろんプロテインも摂取していきますよ~!
プロテイン アルプロン ザバス タンパク質
今回のプロテインはザバスでは無く、ALPRON(アルプロン)、チョコレート味 1kgを買いました。Amazonで3,000円ほどなので、ザバスより安いですね。
ただ、かなりドロドロして泡立ちもすごく、飲みづらいので次はまたザバスに戻そうと思います。

食事管理

僕には小学2年生の娘がいるんですが、小さいころから便秘もちなので、我が家の食事では和食が多いんです。
なので肉などの食事はあまりとれません。
ということで、食事は魚や野菜などがメインになります。肉も食べたいんですが、娘のおなかのほうが大事なので食事に関してはもう少し考えてみます。

まとめ

今回は【大根プロジェクト2018】を発足し、自分のコンプレックスのひとつでもある、もやし体型を克服しようという計画を自分の中で立てました。
大切なことは継続することだと思うので、まずはこの一年間コツコツと自分で立てた目標に向かって進んでいきたいと思います。
目指せ細マッチョ!

さいごに

他人から見たら完璧に見える人にでも、人には言えないなにかしらのコンプレックスは持っていると思います。
そんなコンプレックスですが、そのコンプレックスを克服していくことで、今の自分よりもっと自信のある自分に生まれ変わることが出来るかもしれません。

ただ、行動しないとなにも始まらないと思います。それがたとえ失敗に終わってもいいと思います。
失敗したら、その失敗を踏まえて、またチャレンジすればいいんです!

一緒に頑張りましょう!!
筋トレに関しては定期的に記事をアップしていこうと思います!

以上で今回の記事を終わらせたいと思います。
最後まで見て下さってありがとうございました!

スポンサーリンク