スノコは床に敷くだけのものでは無い!DIY便利に活用できた!

今回は、みなさん一度は見たことがあるであろう、あの「スノコ」をDIYで通常とは違う使い方をしてみたら、とても便利なものに変身した!を記事にしてみます。

我が家では、1才ちょっとのラブラドールレトリバーを室内で飼っています。
小さい頃は食べたくなっちゃうくらい可愛かったんですよ!

今でもイタズラ以外はかわいいですが。(笑)
ラブラドールレトリバー

この子は女の子なんですが、まあ、おてんば娘なんです。
ラブラドールレトリバー
この子が成長した我が家のおてんば娘です。

リビングの窓を、鼻で開けて庭に脱走して家庭菜園の野菜を壊滅したり、階段を上り二階をめちゃめちゃにしたり。
もう目の届くところにいさせないと、家の中や庭が大変なことになっちゃうんです!
(笑)

そこで!階段とリビングの窓に、脱走防止の柵を、スノコと木材でサクッとDIYしてみました!(柵だけにサクッと。。)

スポンサーリンク

柵をどうするか考えた

よくハイハイをし始めた赤ちゃんや、小さいお子さんが階段などから落ちないようにするベビーゲートや、ワンちゃん用のペットガード等の専用品を考えました。
でもどれも値段が高くて、安いものでも4000円から5000円ほどするんですよね。
我が家のお財布事情から、即却下でした。。悲しい…

ならば自作してしまおうと思ったわけです!

家に使用頻度の低いスノコがあった

スノコDIY
僕の知っているスノコの使い方は、玄関や床に敷いたり、押し入れの下に敷いて湿気防止などに使用するものだと思っていました。

布団の下に敷いても通気性が良さそうです。

今回は、この余っているスノコを立てる事ができたら…と思い、早速実行してみました。

材料の準備

材料

 

木材の端切れは、ホームセンターなどで数百円で売っていたものや、今までのDIYの余りです。
木材切れ端
今回は、しっかり止めたかったので、クギでは無く木材用のビスを使用します。
また木材にはささくれがあり、手にすぐトゲが刺さるので、軍手ではなく革手袋をオススメします。

作業のコツ

・木材を組み立てる前に、各木材をあらかじめ紙やすりでならしておく。
組み立ててからだとやりずらいです。

・ビスでとめる前に、下穴を開ける
木材にそのままビスを打つと、木材が割れてしまうことがあります。これで僕は何回も失敗しました。。

なので、ビスよりも細いドリルでまず下穴を開けます。
僕は電動ドリルは持っていないので、プラモデル用のピンバイスで下穴を開けました。
ピンバイスドリル

・動く可能性があるところをビスでとめるときは、最低でも2カ所でとめる。
ビス1本だとクルクルまわって、すぐにゆるんでしまいます。

diy

あとはビスをドライバーやインパクトドライバーなどを使って止めていくだけですヨ!(僕はプラスドライバーで黙々とやりましたが、かなり疲れました。)

また屋外や、雨の当たるところで使用する際は防腐剤を塗ることをオススメします。

スポンサーリンク

かんせい

あっという間に終わりました!

家にあった余り物で作ったと思ったら、まずまずの出来ではないでしょうか。

これはあくまで簡易的なものなので、ベビーゲートとしては使えませんヨ!

まとめ

DIYで自作した事で、費用を抑えることができ、寸法も現物合わせで出来るため、サイズが合わなかったということが無い。

また、木材を使用することで室内の雰囲気が温かくなる。
ステインを塗って、レトロな感じに仕上げると更にいい感じになると思います。

さいごに

この記事が少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです。
僕自身DIYは始めたばかりですので、これからいろいろDIYでチャレンジしていきたいと思います!

おまけ

木材だけでも作ってみました!

もちろんDIYです!

これでラブラドールレトリバーちゃんのイタズラを防ぐことが出来ました!

diy

以上で今回の記事は終わらせて頂きます。

まとまりのない記事になってしまいましたが、最後まで見て下さってありがとうございました!

スポンサーリンク